「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」の原因と改善方法【WordPress】

Google Search Consoleから「サイト https://~ で「インデックス カバレッジ」の問題が新たに 検出されました」とメールが急に来ました。

もや暮らし

え?なんかしたかな?

このエラー内容と私が実際に行った対処法を解説したいと思います。

この記事は、WordPressでAll in One SEOを使用している方向けの説明です。

注意

この記事は、WordPressでAll in One SEOを使用している方向けの説明です。

スポンサーリンク
目次

noindexタグとは?

検索エンジンにこのタグがあるページを見えなくするためのタグです。SEO対策で使われることが多いです。

無駄なページやサイト評価を下げるようなページにnoindexタグを入れることでサイト評価を下げないようにする効果があります。

このようなタグです。

<meta name="robots" content="noindex" />

noindexを付与するということはGoogleにインデックスしてほしくないページを示すことになります。

スポンサーリンク

エラーの原因

「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」のエラー原因はインデックスしてほしいというシグナル(サイトマップ)とインデックスしてほしくないというシグナル(noindex)が矛盾しているというエラーです。

google からしたら、どっちやねんって感じですよねw

お前が見て欲しい言うから見たのに、提出されたのは見て欲しく無いって謎w

こんな感じの矛盾した状態だと、Googleはnoindexを優先しますので、該当のURLはインデックスされていない状態です。

届いたメール

実際に届いたメールがこちらです。

Gmailに届いたエラーメッセージ

この青いボタンの「カバレッジの問題を解決する」を押下すると、Google Search Console画面に飛ばされます。

Google Search Consoleインデックスエラー画面

該当ページ20!?

もや暮らし

この間まで、何もなかったのになんで急に?

「例」の場所のURLを見てみると、どうやら普通の記事っていうより、タグが問題らしいです。

そうですよね。普通の記事はちゃんとnoindexにしないように気を付けていたのですが
タグの方は気にしていなかったです。。。

普通の記事の方も今まで見れてなかった!?って少し焦りましたw

スポンサーリンク

対処方法

エラーへの対処は、これらのURLリストが、インデックスしてほしい(見せたい)URLなのか、インデックスさせたくない(見せたく無い)URLなのかによって分かれます。

Googleに見て欲しいURLの場合

エラー対象として先ほどの例の場所上がってきたのがGoogleに見せたいURLであれば、noindexタグを除去すれば問題ありません。

Googleに見て欲しくないURLの場合

見せたくないURLであれば、見てほしいというXMLサイトマップから、該当のURLを削除します。

「All in One SEO」が原因の場合

All in One SEO→一般設定
下記の項目にチェックが入っていたら、noindexされた状態になっていると言うことです。
私はがっつり入っていました。

自分が外したいものだけを外してください。
何も更新されないページを残していてもSEO的に不利になります。

All in One noindex設定画面

sitemap.xmlがnoindexが原因の場合

XML-SiteMapが原因の場合は簡単です。

ダッシュボードの設定→XML-Sitemapをクリック

XML-Sitemapまでの階層

Google XML Sitemapsの「HTML形式でのサイトマップを含める」のチェックボックスを外し、
設定を保存したら完了です。

HTML形式でのサイトマップを含めるのチェックボックスを外す。

Cocoonが原因の場合

私が使用しているテーマは「Cocoon」なので、この設定の中にもnoindexが隠されていました。

ダッシュボードより Cocoon設定→SEOのタブをクリック。

noindexの設定画面があるので、上記同様noindexにしたいものだけチェックを外しましょう。

Cocoonのnoindex設定

全ての設定が完了したら

設定を更新したら、Goole Search Consoleに戻って、「修正を検証」ボタンを押しましょう。

ステータスが検証:開始になればOKです。
後は、またGoogleから検証完了時にメールが届きます。

早ければ数日のうちに解消されることが多いです。
検証結果は「合格」「不合格」で判定され、不合格の場合、noindexタグがまだどこかに設定されたままになっているので、もう一度該当URLを確認し解消しましょう。

まとめ

いきなりエラーメール見たいのが来て焦りましたが、
必ず解消しなければいけない問題でも無いみたいです。

意図せずnoindexになっている場合はもちろん対応が必要ですが、
意図的に行っている場合はそこまで問題では無いので、焦らずもう一度自分の設定を見直してみましょう。

結果が来次第また追記します。

スポンサーリンク



この記事を書いた人

ニックネーム:もや暮らし
性別    :男
現在の仕事 :IT系の会社でSE
趣味    :読書・買い物
目標    :目指せ100記事!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる